日常のすゝめ。

日々のこれ、いいな。を共有していくライフハックブログ

日常のすゝめ。

【頭の中の引き出し】マインドアップ・放射思考とは?

f:id:king05:20190708210331j:image

どうも、下ネタへの発想と反射神経抜群なきんぐです。

 

さっそくですが、

みなさんは学校や仕事でメモを取るとき

箇条書きで取ってませんか?

 

実はそれ、割ともったいないんです。

 

メモの取り方をひと工夫するだけで、

発想・記憶の整理・リスク管理

たくさんのメリットがあります。

 

ブログのネタなんかも

  • なかなか思い浮かばない
  • ネタはあるけど記事にするほど膨らませられない
  • キーワードの選定ができない

という方も多いはず。

 

僕は有用性は別として、よくネタを閃き

とりあえず下書きにタイトルだけでも打ち込んで保存していて、

今では27つの下書きがあります。

 

そのネタを膨らませるのは

発想の連鎖です。

 

ネタを閃いた後、

見出し・本文の内容をさらに

「あれをかこう、これも盛り込もう」

というように考えていくわけです。

 

他にも、

Twitterや昔の記事を見ている方は分かるかもしれませんが…

  • 色々な話を面白く下ネタに繋げたり
  • 実はなぞかけが得意だったり

多方面で発想力はある方だと思います。

 

自分で言うな。

最終面接でなぞかけを披露し合格した俺に怖いものは無い!

 

これには僕か昔から無意識に行っていて身についているメモの仕方・思考法があります。

 

この記事では、そのメモの仕方・思考法について共有していきます。

 

キーワードは

【連想ゲーム】です。

 

 

思考は無限大

f:id:king05:20190708204331j:image

ひとつ言っておくと、

みなさんの頭の中は四次元ポケットです。

 

色々な発想を取り出せるし

色々な情報をしまえます。

 

しかし、その情報を

上手く引き出し、発想に繋げられるか

と言うとそうでもないですよね。

 

出し入れが自由にできちゃえば最高なんだけどね

 

それを少しでも補うべく、

連想する思考を身につけましょう。

 

メモを工夫することで、これが身につき

ゆくゆくはメモに書き出さなくても頭の中で発想できるようになるでしょう。

 

発想を広げるメモ・思考の仕方

f:id:king05:20190708203928j:image

まず、スーパータピオカすくいの記事を例に

どう発想・連想したかを説明します。

 

 

f:id:king05:20190708202031j:image

1分程でざっくりと書き出してみましたが、

 

大きなテーマから

連想したものを枝分かれさせて

さらに深く連想していく

という方法です。

 

連想ゲームみたいでしょ?

 

タピオカの記事の発想の経過としては、

紙には書かなかったのですがなんとなく頭の中で上のように連想し、

それぞれをピックアップしてまとめた形になります。

 

タピ岡の誕生もここから。

 

ブログのSEO・独自性にも

f:id:king05:20190708222544j:image

テーマやネタを選び・膨らませることへの効果はお伝えした通りですが、

 

他にもブログ関連で有効に作用するものがあります。

 

それは

  • キーワード(SEO対策)
  • オリジナリティ

です。

 

ブログを書く際に

SEO対策として、まず関連キーワード検索などのツールを使う方もいるはず。

 

これは有効な手段ですが、

出てきたキーワードで記事が書けなかったら?

という場合があります。

 

そういった時に、みなさんは

他の記事を参考に書き写しますか?

でもそれってオリジナリティは減りますよね。

 

もちろん、キーワード検索によって

「自分では思いつかなかったもののオリジナリティを出せるキーワード」

を見つけ出せることもあるので否定する気はありません。

 

一方で、連想したものの中にキーワードとして有効なものがあれば、

それは既に

「あなたの中に何らかの情報・内容の土台があるキーワードと言えるでしょう。

 

つまり、連想したキーワードが関連キーワード検索に出てくるものであれば、

SEO対策&オリジナリティを兼ねた記事を構成するキーワードであると言えます。

 

唯一無二の記事が書けそうですよね。

 

記憶の整理・リスク管理にも

f:id:king05:20190708204340j:image

今回はタピオカという記事のネタでしたが

このように連想することにより、

  • 勉強や仕事での記憶の整理
  • それぞれの関連性の確認
  • パッと思いつかないリスクの発見

など、有用性は多岐に渡ります。

 

歴史の勉強にも効果ありそうだね。

仕事のリスク想定にも役立つな。

 

歴史等の勉強については、

ドラゴン桜で有名なメモリーツリーという整理方法もあります。

ご存知の方もいるかも。

 

ちなみに、

メモリーツリーも根本は以下に説明するマインドアップと同じです。

⬇︎

 

マインドアップ・放射思考

f:id:king05:20190708204054j:image

中央に発想のもとになるセントラルイメージを描き、そこから枝分かれのように思いつくことをどんどん膨らませていき、さらにその枝(ブランチ)から枝分かれするブランチを思いつくままに伸ばしていくという直感的な方法でアイディアを視覚化しながら広げていきます。

中心から思考を広げていく部分にマインドマップの大きなポイントがあるとされており、このように発想を広げていくことを放射思考といいます。

《引用:今すぐマインドマップを作成できる基本テクニックとおすすめアプリ 6 選

 

つまり、

  • 僕が紙に書き出したように連想したアイデアを視覚化することがマインドアップ
  • 1つのテーマから連想し、発想を広げていくことが放射思考

ということですね。

 

タピオカがセントラルイメージ

その他がブランチです。

 

授業や打ち合わせなどで話に上がったことを

ただ箇条書きにするのではなく

  • 疑問点
  • こうも考えられるな?
  • 何に繋がるか

ということも含めて、

枝分かれさせる癖を付けると放射思考が身につきます。

 

また、直感的にアイデアを書き出すことにより

反射的に発想を行うことができます。

 

そうすることにより

いわゆる頭の中の情報の引き出し、

つまりインプットの容量がどんどん増えると共に

 

それぞれの情報が紐づくため

アウトプットもしやすくなるでしょう。

 

そして段々と身についたら

頭の中で発想の連鎖が起こせるようになっているはずです。

 

思考を加速させろ。

f:id:king05:20190708205032j:image

さて、どうでしたでしょうか。

 

普段みなさんが行っているメモに

ほんの少しのひと工夫を加えるだけ

 

インプット・アウトプット両方に対して

かなりのメリットがあります。

 

明日から試してみてくださいね。

 

以上、【頭の中の引き出し】マインドアップ・放射思考とは?でした。

 

またね。

 

はてブしてくれたらお返しするぜ☆

 

⬇︎ランキングに参加しています!⬇︎

下の画像をポチッとしてもらえるとポイントが加算されます!応援して頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村