日常のすゝめ。

日々のこれ、いいな。を共有していくライフハックブログ

スポンサードリンク

【親知らず】1週間で20キロ!?絶対オススメしないダイエット!

f:id:king05:20190703225758j:image

どうも、最近幸せ太り気味のきんぐです。

 

リア充過ぎワロタ

 

さて、今回は、

デブとして生まれ落ち、

デブとして幼少期を過ごし、

高校で痩せ、リバウンドし

大学で痩せた経験持つ…

 

ダイエット&リバウンドマスターの

私きんぐ

 

  • 太っていた理由と
  • 今までで1番痩せたダイエット

について、

紹介すると共に、その危険性をお伝えします。

 

そのダイエットとは…

食べないこと。

※ほんとに真似しないでね!

 

 

幼少期 ~なぜ太っていたのか~

f:id:king05:20190703152822j:image

まず僕がなぜ小さい頃からデブだったのかというと

 

僕はデブじゃない!ぽっちゃり系だ~!

 

口寂しいといつも泣き叫び
おしゃぶりやミルク等で満足しないから
哺乳瓶でオレンジジュースを与えていた
~きんぐの母~

 

ということ。

 

赤ちゃんって、

不満があると泣くイメージですが、

小さい頃から甘い物と吸うことが大好きだったんですね。

 

だから今もタバコとおっぱい好きなんやな。

やかましいわ。

 

とりあえず、

昔から甘い物・食べることが大好きで、

保育園時代に40kgはありました。

 

保育園の先生があの子体重やばい…って話してたの未だに覚えてるな…

 

そんなこんなで

親戚には「将来はお相撲さん?」

友達には「デブ~!」

と言われ続けた幼少期。

 

 

身長も小学校1年生の時点で

150cmはあり、

 

入学式の翌日、登校して昇降口に行くと…

 

6年生から声をかけられます。

「どこのクラスに転校しきたのー?」

 

いや、わい…

ピカピカの1年生じゃwww

 

とまぁ、こんな感じ。

昔から身体は大きかったんですね。

 

いつか俺の過去話も記事にしますね。

 

小さい時に太っていたことのメリット

当時は

  • 周りからからかわれた
  • おしっこするときにお腹でマイリトルきんぐが見えなかった
  • 体育座りが辛かった

 

などなど色々なデメリットがありましたが…

 

今思い返せばメリットも。

 

  1. いじられることにいちいち傷つかなくなった(むしろオイシイ)
  2. 何故か元々の筋肉が多い
  3. 身体がデカい

 

の3点です。笑

 

詳細は割愛しますが、

 

いじられ慣れることはもちろん、

身体についても

元々重い体をずっと動かしているわけですから、

潜在的な筋肉がすごい発達しております。

 

特に肩幅と胸筋と太もも筋がヤヴァイ!

ナチュラル逆三角形!

 

痩せた理由とは?

f:id:king05:20190703225838j:image

さて、本題に。

痩せた理由について高校時代・大学時代に分けて説明していきます。

 

高校時代 ~ダンス~

まずは高校時代。

高校ではダンスグループに所属し、

めちゃくちゃダンスをしていました。

 

文化祭とかでも踊ってたよ☆

 

中でも、本番前には闇練という、

夜遅くまで公園等で練習しまくる

というものがあり、

 

ダンスでのカロリー消費はもちろん、

食事をすると運動の激しさから吐いてしまうため、

水しか飲まないなんてこともザラ。

 

そんな練習を続けていたためか…

 

1ヶ月で15キロの勢いで

ストーン!と痩せました。

 

ここで少年きんぐは

人生初めての普通(痩せ型)体型を手に入れるわけです。

 

やったー!

絶対真似すんなよ!

 

 

大学時代 ~親知らずの抜歯~

高校時代に激ヤセしたのもつかの間、

ダンスを辞めたこととぐうたら性格から

みるみるうちに元通り。

 

「食わなきゃ痩せるんだからいざとなったら絶食したるわ~」

なんて気持ちでポテチばくばく。

 

もちろん絶食なんてできず

自他ともに認めるデブに戻りました。笑

 

そしてダイエットを試みるも上手くいかず

ここで転機が…

 

「お、親知らずが痛い…」

そう、親知らずです。

 

さっそく病院に行くと、

きんぐの親知らずは、きんぐに似ず

 

まっすぐ伸びずに

真横に伸びるひねくれ野郎だったのです。

 

誰かツッコんであげて。

 

この真横に伸びる親知らずを抜くために

  • 歯茎の切開
  • 顎の骨を軽く削る
  • 横向きの歯の頭を叩き割り、残りは引っこ抜く

 

という、範馬刃牙もびっくりの治療法…

 

まじビビりして全身麻酔してくれって言いました笑

 

まぁ結局、局所麻酔でバキバキゴリゴリして

無事親知らずを抜くんですが、

 

縫合もいらないくらい

最小限の切開と削りで済みました。

 

先生すげえ!

 

念の為手術は春休みにしました! 

 

親知らずって、抜いた後縫合をしないと

腫れたり痛みが少ない代わりに

 

血の塊が抜けた穴に溜まるんですね。

これを血餅といいます。

 

けっ‐ぺい【血餅】
血液が凝固するときにできる暗赤色のかたまり。血漿(けっしょう)中のフィブリノゲンが線維状のフィブリンに変わり、血球と絡み合って沈殿したもの。

血餅(けっぺい)とは - コトバンクより引用》

 

いわゆるプルプルしたカサブタだよ!

 

この血餅がカサブタと同じように

歯の抜けた穴を塞ぎ、修復する訳ですが

 

血餅が取れてしまうと骨が剥き出しになり、

ドライソケットという地獄のような状態に。

 

ドライソケットとは、ドライ(乾いた)ソケット(窩=穴)。
つまり、乾いた穴を指しています。

通常は抜歯をした後の穴には、血の塊ができ、特別な処置を施さなくても徐々に穴がふさがっていきます。
 
ドライソケットは、自然に穴がふさがらず、ポッカリと穴が空いて骨がむき出しになったままになってしまいます。

ドライソケットは、「抜歯窩治癒不全」とも呼ばれます。
 
治りが遅くなり、さらに骨が露出していることで刺激を受けやすい状態になり強い痛みとなって表れるのです (´Д` )
 
起きる確率は、抜歯後の2~4%
比較的多いとされるのが下の親知らずを抜いた後なんです。
 
耐えがたい痛みが10日~2週間、ひどい場合だと1カ月も続いてしまうことも :;(∩´﹏`∩);:

ドライソケットにならないために | はる歯科診療室より引用》

 

つまり骨及び神経が剥き出しの状態のまま

あらゆる刺激を受け続けるわけです。

 

絶対地獄…

 

ドライソケットを防ぐためには、

  • うがいを優しくする
  • ストロー等を強く吸わない
  • 激しく物を噛まない

 

など、極力口の中を大人しくさせていないといけません。

 

これにビビった僕は、

「よし、血餅が定着するまでの1週間、ゼリーで生活しよう!」

と、決めるわけです。

 

血餅の保存とダイエットの一石二鳥や!

 

ダイエットの結果

f:id:king05:20190703225942j:image

1週間をゼリー(ウィダーやビタミンゼリー)を吸わずに口に落とす食べ方で乗り切ったきんぐ。

 

体重はというと、

なんと

20キロ近くも痩せていた

わけです。

 

激ヤセもいいとこ。

休み明けの友達のリアクションめっちゃ面白かった

 

身体のエネルギーが足りず、

ベッドから起き上がる力もないくらいフラフラになりました。

 

濡れたアンパンマンかよ

 

今思い返せば、傷を治したい身体に

エネルギーをあげないという暴挙を犯していましたし、

(なぜかゼロカロリーのゼリーも食ってた)

 

日常生活で起き上がれないなんて

ほんとにヤバい状態だったと思います。

 

 

食べないダイエットは危険?

f:id:king05:20190703230205j:image

以上の2つの痩せた経験から、

実際食べないダイエットって体に悪いのか?

 

ということを調べてみました。

 

栄養失調はもちろん、

筋力の低下摂食障害などなど…

さまざまな身体へのリスクがあるようです。

 

身体に毎日吸収・消費されるべき

生命維持のためのカロリーが入ってこなくなるわけですもんね。

 

ほんと無事でよかった…

 

リスクの詳細はこちら⬇︎

食べないダイエットは危険!カラダに起こりうる5つのリスク - ライブドアニュース

 

また、摂食障害については、

ブロガーとうふさんが記事にしています。

 

健康的に痩せよう!

f:id:king05:20190703230318j:image

どうでしたでしょうか。

今では10キロほど元に戻ってしまいましたが、

 

この経験・反省を活かして…

現在、筋トレ・糖質制限などを駆使し

ダイエットに努めています。

 

みなさんも絶対マネはしないように、

健康的に体型管理をしていきましょう!

 

以上、【親知らず】1週間で20キロ!?絶対オススメしないダイエットの話!でした。

 

 

 

 

はぁ~!

タピオカ食いてえ!!!

f:id:king05:20190703224456j:image

本当にしつこい。

 

またね。

 

 

はてブしてくれたら返すよ☆

 

⬇︎ランキングに参加しています!⬇︎

下の画像をポチッとしてもらえるとポイントが加算されます!応援して頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク