日常のすゝめ。

日々のこれ、いいな。を共有していくライフハックブログ

スポンサードリンク

【出会い】アプリで70人の女の子と出会った話

f:id:king05:20190623045720j:image

どうも、最近Twitterでの荒ぶり方がひどいきんぐです。

 

さて、ツイートもしたように

 

アダルト抑えめでつらつら書いていこうかと思います。

 

ゆくゆくは別ブログの立ち上げを検討しているので

ぜひ愛読してください。

 

一応去年書いたnoteの、

アダルト成分80%カット版リライトになります。

(察して脳内補足してください)

 

100%濃縮はnoteを見てね。

 

 

本題に行く前に言っておきたいのは、

自慢したいとか、俺すげーとか、

女性に対して見下した気持ちは一切ないということ。

 

1人1人誠意を持っていたし、

愛情表現の延長だったわけです。

ライオンが可愛がるつもりで殺してしまうように、わしも可愛がるつもりで抱いてしまうんじゃ。

 

そしてこの経験は現実でも出会いにつながっています。なにもネットじゃなきゃダメだったわけではないので、現実・ネット双方に効果があると思います。

 

また、このノウハウをお伝えすることで

  • 俺はモテない…
  • 彼女が出来ない…
  • 人見知り
  • 結局見た目でしょ
  • 勇気が出ない
  • 怖い

と、自信のない方々が

 

少しでも前を向き、出会いの可能性を広げ、

自信を付けてコミュ力をアップさせるきっかけになればと思います。

 

 

プロローグ

f:id:king05:20190609210644j:plain

僕は今までSNS、アプリなどなど、暇つぶしがてらネットで数々の女の子と出会い、

遊んできました。

 

途中から数えるのはやめてしまいましたが、

数で言うとざっと70人近くでしょうか。

 

多い時は、

  • 毎日違う女の子
  • 1日に2人と
  • 同時期に3人のフレンドがいた
などもありました。良い思い出です。
 
ちなみに、上記3人のうち1人がのちの奥さんなのですが、その話はまたのちのち。

同じアプリ内でいつも見かけるほとんどの女の子と会い、

同じクラスの女子のほとんどと遊んだかのような幸福感を味わいました。

学生時代の夢

 

お金も労力も最低限

お金/労力

ほぼ毎回、待ち合わせをしてホテル直行か、家に呼ぶ、という方法でした。

お金も労力も必要最低限しかかけていません。

 

出会って、ご飯を食べて、雰囲気を作って、ホテルに誘う…

こんな、はやく結果に結びつけたい男性側としては手間でしかないセクションをすっとばしてメインに臨めるわけです。

 

つまり、ネットでのやりとりの中で女の子の心を開き、

会う=直行という気持ちにまでさせることが可能なのです。

 

単純明快・簡単至極ですね。

 

LINEの交換も面白いくらいサクサクできていました。

なんなら絡んで数時間で会ったりとかも。

出会いの確変起きてる

 

ノウハウ・コツについて

コツ/ノウハウ

僕はこれといって意識しながらやりとりをしていたわけではないのですが、

 

思い返すとそれは他の男性にはないテクなのかな、と感じたので紹介してみようと思いました。

 

今はやめましたが、この経験は女心の理解や人見知りの克服に大変役に立ったと感じます。

ありがとうみんな!!

 

世の中には、

現実で女の子とあまり関わりがない人や、女の子が身近にいてもコミュニケーションが取れない

など様々な悩みを抱えている男性も多いはず。

もちろん僕みたいな人見知りも。


なので、そんな方々に少しでも女の子と関わりのある機会が増えればと思ったわけです。

 

きんぐとはこういう人

きんぐ

まず、お前はそもそもどういう人やねん!

という方々の気持ちにお答えします。

 

見た目など

僕は現在20代半ば、身長177センチ、体重70キロのがっしり体型です。

髪型は黒髪マッシュ。

 

顔についても別に整ってはないですが、

「ツボな人にはかなりドタイプな顔」

とよく言われます。笑

 

~似てると言われたことある人~

  • 松山ケンイチ
  • サカナクション山口一郎
  • [ALEXANDROS] 磯部さん
  • 綾野剛(目は)
  • キスマイ二階堂

※ほんとに似てるかは知りません。

目はイケメンよ。まつ毛濃いから。

 

僕がネットで女の子と絡み、会うようになったのは、高校三年生の頃です。

 

元デブで女慣れしていない人見知り

もともと太っていたこともあって、
当時は痩せたり太ったりを繰り返し、80〜95キロをいったりきたりしていました。


そのことから、あんまり体重や体型はネットで会う上で関係ないのかな、と感じますね。
当時の体型に戻りたくはありませんが。

 

ただ、髪型や肌には当時から気を使っていました。


あと僕は超がつくほどの人見知りで、仲良くなるまで気をつかってしまい疲れてしまう、そんな性格でもありました。


特に小さい頃から太っていて、女の子にからかわれ続けた幼少期のせいか

 

女性に対しては臆病で

「内心キモいと思われているんじゃないか」

「陰で悪口を言われているんじゃないか」

とか気にしてしまい、フランクに話せない一面もありました。


誰しもそういう一面はあると思いますし、他人の評価や陰口には臆病になってしまいますよね。


しかし、今では自分に自信も持ち始め、女の子を含み他人との会話も存分に楽しめ、人見知りも克服できたので、本当に自分を変えた経験だったと思います。

 

実は誠実でマメ

ちなみに、彼女がいる期間はそういうお遊びは絶対にしませんでした。
女性に誠実であることも、大事なことであると思います。

 

返事はこまめに返す、挨拶や気遣いは普段からする、たくさんの愛情表現をする。

など相手のことを考えるマメさは持っておきたいですね。

 

意外とマメな男性って少ないと思うので、まずはここから意識してみるといいかもしれません。

 

ちなみになんで遊ぶようになったかは

トラウマのような経験からなのですがそれはまたご紹介します。

 

遊んでた期間

全体の期間でいうと、18〜24歳、彼女がいてやめていた期間を差し引きすると3年くらいですかね。


3年で70人と考えると、1年に20人以上人数を増やしていますね。


男優もおったまげ〜な頻度ですね。素晴らしき成長速度。

 

今後について

今後/未来

今後は、

  • なぜネットで女の子と絡み、会うようになったか
  • 使っていたアプリの特徴
  • 具体的に女の子の感触が良かったやりとりの方法
  • 根本的な女の子とネットから出会うまでの方法
  • 実際にあった面白いエピソード
  • その他もろもろ。
  • 読者からの質問に答えてみる

というテーマを書いていこうと思います。

 

このテーマに絞った新しいブログも立ち上がようかなとも考えています。


ネットだろうが現実だろうが出会いは奇跡

出会い/奇跡/現実/一期一会

ネットやアプリでの出会いって、未だに根深い偏見があるとは思いますが、

 

人と人とのつながりって現実とかネットとか関係なくね?

 

というのが僕の持論です。

 

みなさんもTwitterやコミュニティで

仲良くしている人っていますよね?

 

それってネットじゃないと仲良くなれていませんよね。

 

たまたま同じ学校で友達になったことと同じように、たまたまネットで友達になった

 

そんな現実と同じような奇跡的確率で

ネットでも出会いがあるんです。

 

人生一度きり、そして一期一会。

出会いのプロセスに偏見を持つのはもったいないことです。

出会いは、億千万の、胸騒ぎ~

 

人生、たくさんの人と繋がり、楽しみましょ。

 

 

さて、以上【出会い】アプリで70人の女の子と出会った話、でした。

 

またね。

 

⬇︎ランキングに参加しています!⬇︎

下の画像をポチッとしてもらえるとポイントが加算されます!応援して頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

⬇︎最近のツイート

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク